インストール

互換性の注意

Vue.js は IE8 でシム化できない ECMAScript 5 の機能を使用するため、IE8 とそれ以下のバージョンをサポートしていません。しかしながら、ECMAScript 5 準拠のブラウザ は全てサポートしています。

リリースノート

各バージョンの詳細なリリースノートは、GitHub で入手できます。

スタンドアロン

ダウンロードし script タグで読み込んでください。Vue はグローバル変数として登録されます。


開発バージョン警告出力とデバッグモードあり

プロダクションバージョン警告出力なし、26.27kb min+gzip

CDN

jsdelivr または cdnjs を利用可能です。 (同期に少し時間がかかるため、最新版ではないかもしれません)。

unpkg 上でも利用可能で、npm に公開されるとすぐに最新バージョンが反映されます。unpkg.com/vue/ では npm パッケージのソースも確認することができます。

CSP 準拠ビルド

Google Chrome アプリのようなある環境では、Content Security Policy (CSP) を強制し、そして式を評価するために new Function() の使用を許可しません。このような場合には、CSP 準拠ビルドを代わりに使用できます。

NPM

Vue.js による大規模アプリケーションを構築するときには、NPM を利用したインストールを推奨しています。Webpack または Browserify のような CommonJS モジュールバンドラとうまく組み合わせられます。Vue.js は単一ファイルコンポーネントを作成するための、付随するツールも提供しています。

# 最新の安定版
$ npm install vue
# 最新の安定版 + CSP 準拠
$ npm install vue@csp

CLI

Vue.js は意欲的なシングルページアプリケーションをすぐに足場固めするために、オフィシャル CLI を提供します。それはモダンなフロントエンドのフレームワークのワークフローに対して、Battery-included なビルド手順を提供します。ホットリローディング、保存時のリント、そして本番可能なビルドを実行して準備するのは、わずか数分です。

# インストール vue-cli
$ npm install -g vue-cli
# "webpack" ボイラープレートを使用した新しいプロジェクトを作成する
$ vue init webpack my-project
# 依存関係をインストールしてgo!
$ cd my-project
$ npm install
$ npm run dev

開発版のビルド

重要: NPM に配信された CommonJS バンドル (vue.common.js) はリリース時に master ブランチにチェックインされているため、dev ブランチのファイルは安定リリース版と同じです。Github 上の最新のソースコードから Vue を使用するためには、あなた自身がそれをビルドしなければなりません!

git clone https://github.com/vuejs/vue.git node_modules/vue
cd node_modules/vue
npm install
npm run build

Bower

# 最新の安定版
$ bower install vue

AMD モジュールローダ

ダウンロードされたスタンドアロン版 Vue.js と Bower 経由でインストールされた Vue.js は UMD でラップされています。そのため、AMD モジュールとして直接利用することができます。